January 07, 2006

バイクゲーム

tourist_trophy


はい、今日はデフォの出勤日だった訳ですが、マッタリと過ごすつもりが
やりたい仕事がほとんど手に付かない位バタバタしていましたね。
労働時間的には普段より少なかったですが、何か精神的に疲れました(笑)


で、久しぶりにゲームの話でも。
2月2日にバイク版グランツーリスモと言える「ツーリスト・トロフィー」と言う
ゲームが発売になります。
以前に行ったモーターショーでデモをしていたのを見て気になっていたのです
が、今日ふとネットを周ってみると既にかなりの情報が出ていたんですね。

製作は「GT」シリーズの「ポリフォニー・デジタル」が手掛けているので、グラ
フィックはとても綺麗ですし、排気音も良い感じに仕上がっているようなので
今までのバイクゲームには無いビジュアル的なリアルさがありますね。
登場するバイクも国内外合わせて100種類以上と謳われていますから、バ
イク好きには多少物足りない数だとしても、懐かしのバイクなどを操れて楽し
そうです。

一方で、デモ映像を見た感じでは挙動がおかしく感じる所があったりして
「リアルライディングシミュレーター」と銘打っている割には実際に操作して
みると・・・(?)な感じがあるかも知れませんね。
とは言え、リアルさを求めすぎないでゲームとして割り切れば今までで1番
やりがいのあるバイクゲームになりそうなので、発売したら速攻で買うと思
います。

操作感などの感想は実際に手にしてから改めて上げようと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2005

'06 CBR1000RR

06_CBR1000RR


はい、来月の22日から始まる第39回東京モーターショー2005を前にして
やっと06モデルのCBR1000RRが発表されたようですね。

が、正直あまり欲しいとは思えない感じですね。
詳しい情報は入れていませんが、外観は現行型と大差ないですし、カラーリ
ングも今一つのような気がします。
中身もちょっと弄って軽くしてきた程度なので、とてもフルモデルチェンジとは
言えませんね。
これに150万出すのなら現行型を安く買った方がお得な気がします。

やはり某所から仕入れてきた話の通り、ホンダは次のモデル(08年型)に
力を入れているようですね。
現行型が中古で130万,その前の954が90万,その前の929でさえ70万
からの値が付いているので、ヲタ活動をしている間はどのモデルでも買う事
が出来ないのですが、身体が動くうちにまた速いバイクに乗りたいです。

スーパースポーツ(SS)バイクと言えば、神奈川で最速の峠と思っている
奥多摩周遊道路に変化が起きているようですね。
以前なら都民の森から少し上った所の低速コーナー(低速と言っても80kくら
いで曲がっていきます)数箇所にリッターSSから原付まで入り混じって走っ
ていたのですが(通称小僧区間)最近では減速帯や警察の取り締まりが厳
しくなったので、もっと奥の方の高速区間で走っているようです。

ちょっとしたストレートとコーナーがあると言った感じですが、400ccクラスだ
と吹け切ってしまって180k以上出ているSSには追いつけない構図になっ
ています。
ただ、これだけのスピードが出ていると事故った時は凄いようで、爆発したよ
うにバイクが木っ端微塵になってしまいますね。

こうなると乗っているライダーの身体も大変な事になってしまうので、装備は
重要になって来ますね。
ヘルメットはもちろんの事、レーシンググローブやレージングブーツ,しっかり
とした造りの肉厚の革ツナギは必須アイテムです。
実際、この区間で転倒してバイクの下敷きになって100m以上路面を滑って
いった人が、装備のお陰で外傷無しで済んだと言う話も聞きます。

ここのブログに来られる方にはバイク乗りは少ないとは思いますが、ツーリン
グ中でも峠を走るときはしっかりとした装備をして行って欲しいですね。
多少資金は必要になりますが死なない為の投資だと思って買い揃える事を
お勧めします。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

April 30, 2005

ゲタ復活

ゲタ復活

今日はゲタとして重宝しているスクーターを直していました。
スズキの「アドレス110」と言うスクーターなのですが、0~80キロ程度までの
速度ではかなりキビキビ走ってくれるので市街地走行なら無敵(と思い込んでいる)
ですね。
ただ、欠点としては2ストバイクなのでちょっと乗らないでいるとすぐにエンジンが
かからなくなってしまう事です。
土日はヲタ活動のためにほとんど乗る事は出来ませんし、平日に家に帰ってから
エンジンをかけるのは近所迷惑以外の何物でも無いのでずっと放置していました。

まぁ大体キャブが腐っているのが原因なのでキャブクリーナーで洗浄してやれば
済む話なのですが、分解は面倒なので最初はカッタウェイだけを外して上からクリー
ナーをかけて試してみたのですが、やはり世の中そんなに甘くはなかったようです。
結局キャブを取り外して分解してクリーナー浸けにしたのですが、この半年くらい
やっていない作業だったので1時間半位かかってしまいました。

でも、手間をかけた甲斐あって無事に白煙とともにエンジンが復活してくれて、軽く
乗った感じでは他の部分も調子が良いようなので一安心です。
明日はシェイクダウンもかねてスクーターで中野の現場推しに行くかもです。
110ccなので高速に乗れないのが痛いですが、片道50キロ程なので1時間半
位で着いてくれるかな。
今時のビッグスクーターのような野太い音では無いですが、妙に耳に付く甲高い
音を出しながら現れるかもしれませんよ(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)