« June 2013 | Main | August 2013 »

July 23, 2013

たば塩博物館

Dsc_0030

はい、少し前になりますが渋谷のたばこと塩の

博物館に行って来ました。

もう終わってしまっていますが、喫煙具を扱った

特別展ですね。

今で言うとライターや灰皿等の小物ですが、当時

のパイプ小物やシガー関連・シガレット関連等

工芸品として素晴らしい物がたくさん展示してあっ

てとても見応えがありました。

中でも気になったのはウエッジウッドの灰皿でした。

何の変哲もない小さな灰皿で白地に青い花模様の

細工がされているものでしたが、シンプルな中に

美しさがあると共に、今見てもそれと分かるデザイン

の一貫性を感じました。

半端に続けると変化に対応できないと批判されそう

ですが、長く続ければ評価されると言った所でしょう

か。

もちろん他の物も素晴らしくて、素材や加工の精巧さ

と言うよりは細工への拘りのような物を感じられて昔

の人の美意識の高さに脱帽ですね。

現代に比べて色々と不自由な事があったのでしょう

が昔の方がよほど豊かな生活を送っていたのではと

思います。

よく昔に比べて職人が減ったとか技術が落ちたとか

言われますが、それは購入する側にも問題があるの

ではないでしょうか。

職人だって物造りで生活が成り立てば辞めないでしょ

うし、良い物が髙く売れれば技術を高めようと努力を

するはずですからね。

良い物を安く買うと言う事は生活の知恵ではあります

が、人の手が入ると言う事はその人の生活がかかって

来る訳ですから適正な価格で購入する方が客にとって

も次回また手に入れる事が出来ると言う得もあると思

います。

もちろんブランドに胡坐をかいたり技術の高さだけを

自慢するような職人ではダメですが・・・

だいぶ話が横道にそれましたが、とにかく貴重な品々

で目の保養が出来ました。

帰りがけには手ぬぐいを購入したので煙管入れでも

作ってみようかと思います。

Dsc_0031

| | Comments (7) | TrackBack (0)

July 22, 2013

スヌース

Dsc_0027

はい、先日購入したスヌースを試してみました。

因みにスヌースとはかぎ煙草の一種で上唇と歯茎の

間に挟んで使う煙草ですね。

私は初心者なのでお店の方にお勧めを聞いて、オフ

ロードホワイト・ミントミニと言う銘柄にしました。

Dsc_0028

通常は大体1ポーション1gの物が多いですが、こちら

はミニサイズなので1ポーション0.3gです。

お値段は20袋入りで370円でした。

最初に使い始めた時はミントが強烈に感じられて不安

でしたが、すぐに慣れて2度目からは全く気にならなか

ったですね。

ミントの味自体は30分もすれば薄れてくるのですが

その後は煙草の甘味を感じながら持続するような印象

です。

注意点はスヌースが入っている事を意識せずに自然

に入れておくことで、意識すると唾液の分泌が増えて

ニコチンの吸収が過多になり不快感を覚えてしまうと

言う事です。

この辺りは吸おうとすると上手く行かないパイプ喫煙

に通じる部分がありますね。

で、紙巻換算だと1日に2箱近く吸う自分が1日使った

訳ですが、車での移動中や街中を散策している時の

2時間程は全く煙草を吸いたいと言う欲求は起こりま

せんでした。

正確に言うと、車内禁煙と街中では容易に煙は出せな

いと言う部分で喫煙行為自体への欲求は元々抑えら

れていましたが、依存物質であるニコチンをスヌースで

摂取しているので、その部分の欲求は抑えられたと言

う事です。

なかなか面倒な説明ですが、喫煙者なら分かってくれる

事でしょう・・・

ポーションの持続時間は味が無くなったらと言う事です

が、自分の場合で2~3時間程でしょうか。

勿論個人差はあると思います。

そしてポーションを口に入れている時は飲み物や食事

が出来ませんが、そのためにケースには1時置きのス

ペースがあります。

Dsc_0029

蓋に凹みがあってそこに入れておく感じですね。

実際の所口から出したものをここに入れてまた口に

戻せるのかと言う部分はありますが、私の場合は率先

してやりたいとは思えないながらも抵抗無く使う事が

出来ました。

私は嗅ぎ煙草も使いますが、効果が短時間な事や鼻孔

が汚れる事、人前ではとても怪しい行動に見える事等

から使用する状況を選んでいます。

一方スヌースは口内に入れっぱなしで喋る事も出来ます

ので利用する機会は増えそうな感じがしますね。

ただ、ニコチンは摂取出来ても香りを楽しむ事は出来な

いですし、紫煙を燻らす事も出来ないので他の喫煙法同

様使い分ける事になると思います。

| | Comments (38) | TrackBack (0)

July 19, 2013

シガレットボックス?

Dsc_0021

はい、今日は久しぶりの煙草屋さんに行って来ました。

パイプ葉やシャグや刻みはなかなか減らないので、つい

期間が空いてしまいますね。

で、今日はZIG-ZAGの箱が目に留まったので買ってしま

いました。

サイズ的にはシガレットボックス風なのですが、スペイン

杉で出来ているようなのでヒュミドールかも知れませんね。

今はMYOで作った物はパルタガス ショーツCBの空き箱

に加湿器を入れて保存しているのですが、都度その箱から

取り出して吸うのは美しくないので1日分をシガレットケース

に入れています。

でも、自宅で吸う場合はシガレットボックスに入れておいた

方が雰囲気が出そうなので、今後はこの箱に50本位を入

れておいて使おうかなと思います。

Dsc_0022

中に手持ちの加湿器がキッチリ収まるのは助かりました。

ヒュミドール同様、内部の湿度が安定したら使い始めよう

と思います。

そして先日流通し始めたダンヒルのパイプ葉2種も購入し

て来ました。

Dsc_0023

スタンダードミクスチャーとナイトキャップですね。

以前流通していた物とは味が変わっているようですが

私は以前の物の味は知らないですし巷の評判も良い

ようなので楽しみです。

ただ、相変わらずパッケージの警告文のおかげでデザ

インが台無しになっているのは残念です。

以前煙草屋さんで警告文の無いパッケージを見た時は

デザインが完結していたのに、これは見るも無残ですね。

警告文の必要性は分かりますが、過去には煙草のパッ

ケージに素晴らしい物が多かっただけに無機質さを感じ

ます。

更に今回はオマケでスヌースを買ってみました。

Dsc_0024

歯茎に挟み込むタイプの煙草なので歯周病に悪いかな

と思って敬遠していたのですが、物は試しなので購入し

ました。

使用法からは噛み煙草になるのでしょうが、税法上の問

題でかぎ煙草になっているようです。

まあ、無煙たばこである事に変わりは無いので、自分に

合っていると強い味方になりそうな感じですね。

他にも何点か購入したので、いつもの事ながら事前に予

定していた購入額を大幅に上回る買い物をして来ました。

本当に煙草屋さんは危険な場所ですな(苦笑)

| | Comments (10) | TrackBack (0)

July 15, 2013

カメラバッグ

20130715

はい、今日は久しぶりにカメラバッグを新調しました。

と言ってもスナップ用の散歩バッグですね。

普段は肩掛け式のバッグに機材一式を詰めて持ち歩く

事が多いのですが、流石にスナップには大きくて重い

ですし、風景や花を撮影する時は機材のグレードより

もフットワークが大切なので小ぶりなバッグはちょうど

良い感じです。

で、今回はサブバッグなので安く済ませる為に密林さ

んの2千円のスリングバッグにしました。

小ぶりなサイズなのに三脚も付けられるのには好感を

持てますね。

201307151

主室はクッション材で仕切りを調整出来るようになって

います。

グリップ付きのD90にタムロンの18-200mmのレンズを

付けた状態でスッポリ入りました。

加えて35mmの単焦点レンズとクリップオンストロボを

入れてちょうど良い感じですね。

これ以外に副室には携帯レフ板や予備バッテリー等を

入れても余裕があるのでサイズ・重量ともに軽いフット

ワークで撮影が出来そうです。

値段的に賭けの部分もありましたが良い買い物だった

と思います。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »