« 何故? | Main | 愛ちゅん聖誕ヲフ »

September 13, 2005

HPP NEO@春日部&太田 その1

kurenai


10月5日発売 美勇伝5thシングル 「クレナイの季節」


はい、この週末は完全に「にゃ~ちゅん's」の2人に叩きのめされました。
HPP NEOを2日間で4公演見た訳なので、楽しかった事は確かなので
すが、強力な必死系の方との連番続きだったので心底疲れましたね(汗)
正直なところ公演内容についての記憶は薄れているので、2日間をサラっ
と振り返ります。


まずは土曜日の春日部公演から。

当初の予定では開演1時間半くらい前には現着してるはずだったのですが
出発は目論見通りだったのに渋滞が思ったよりも多かったので、、開演ま
であまり余裕の無い時間にやっと会場入りする事が出来ました。

既に当日の連番相手の某Sちゃんは駐車場でマタッリしていたので、すぐ
に合流する事が出来ました。
某Sちゃんとの連番に緊張しつつ恐る恐る会場に入ったのですが、アレコ
レとやっている内にすぐに公演が始まってしまいましたね。

公演の内容的には基本的な所は八王子と変わらなかったのですが、この
春日部公演に限って(?)は開演して間もない所で℃-uteが応援に出て
来てくれました。
何故だか分かりませんが妙にテンションが上がってしまいましたね(笑)
ショートバージョンでしたが4曲もやってくれたので大満足でした。
翌日の太田には登場しなかったので、都心から近い場所限定だったのか
9/10(キュート)の日だったからなのかは分かりませんが、この公演に参戦
できてラッキーでしたね。

ただ、ふと考えてみると私はこの4曲を全開に動いていたのに、隣の某Sち
ゃんはまだ℃-uteヲタ予備軍なのであまり動かなかったんですよね。
この段階で体力的にかなり不利な状況に追い込まれてしまいました・・・w

その後も頑張って応援していたのですが、やはり某Sちゃんは凄かったで
すね。
何しろ動きが大きくて激しかったです。
ただでさえ高い打点なのに座席の肘掛を踏み台に使った跳躍は風圧が来
そうな勢いでしたね(良い子は真似しないようにw)
かと思えばWの振りも亜弥の振りも完全にこなせるし、正に必死系DDの鏡
のようでしたね。

そしてかなり疲れ果てた状態で昼公演は終了しました。
夜公演が始まるまでは駐車場で休んでいたのですが、普段なら摂れるは
ずの食事を口にする事が出来ませんでした。
疲れからか、暑さからか気持ち悪くなってしまっていましたね。
さすがに栄養分は摂取しないと身体が持たないので、バターロール1つと
コーラで糖分を補給したのですが、やはり無理があったようです。

夜公演の中盤付近でエネルギーが切れてしまって、残りは気力のみで
持たせるハメになりました。
やはり基礎体力が落ちていると言う部分が大きかったですね。
こう言うことが無いように今後は精進します。

夜公演終了後は某鉄人を乗せて車2台でヲフ会会場へ向かいました。
普段なら会場から5キロ圏内の店に行く事が多いのですが、妙に遠くに
移動するなと思っていたらサプライズゲストとして某kごんさんが登場し
ました(笑)
結構驚いたのですが、ちゃんとしたリアクションを取れるほど元気では
無かったので、そのままマッタリとサイゼリヤまで流れてしまいましたね。

そしてヲフ会終了後は最後のトドメとばかりに首都高の渋滞にハマって
しまいました。
翌日の太田の為に帰宅してから洗濯を済ませたりしていたので、結局
3時過ぎまで寝ることが出来ませんでした(泣)

その2へ続く

|

« 何故? | Main | 愛ちゅん聖誕ヲフ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference HPP NEO@春日部&太田 その1:

« 何故? | Main | 愛ちゅん聖誕ヲフ »